CLINIC BLOG

2014.03.04更新

 「最近、気候が春めいて、いよいよ春到来か」 と思っていましたが

寒の戻りっちゅうわけで、また寒くなるらしいですが。すこぶる元気な

院長の古賀です。

 さて、今日は真面目に虫歯の話です。患者さんで虫歯の多い方、少ない方

いろんな患者さんがいらっしゃいますが、まず食事や飲食を行いお口の中に

砂糖が入ってくると


①まず虫歯菌が砂糖を取り込み酸を出します。

②そうすると約20分ぐらいでお口の中が酸性になり歯の一番表層のエナメル質が少し解けちゃいます。

③酸性になったお口の中は唾液によって約40分後には中性に戻ります。

④ついでに唾液の中のミネラルによって少し解けたエナメル質を修復してくれます。


はい、これで虫歯になりません...


ではなく、虫歯の原因である糖を摂取する頻度が多かったり

お口の中に長く留まっていたり、つまりダラダラ長時間かけて食べていたり、

チョコチョコ甘いものを食べるとお口の中が酸性に傾いている時間が長くなり

虫歯になっちゃうわけです。このような方は、虫歯菌の活動も活発で虫歯に

なるリスクも高いわけです。

 甘いものは決して食べてはいけないとは思いませんが、頻度や時間を気を付ける

と言う事が大切です。プラス歯磨きはもちろん大切です。そうしないと...




虫歯になっちゃいますよー

投稿者: こが歯科クリニック

こが歯科クリニック Tel:092-863-8868